2021/02/15 13:49

コースタ814は「手芸材料としてのさをり布」を提供するお店です。


完成品はほとんど売っていません。
「ほとんど」というのは、まれに完成度の高い作品も混ざっているからです。

コースタ814は、「店名の由来」にも書いた通り、
障害をお持ちの女性が一人で織っている「さをり織りの布」を販売するお店です。


さをり織り用の糸は、普通の裁縫用の糸とは違って太さや発色を大事にしているため素材としても高額です。
また、さをり織りの「はたおり機」も高額であるため、趣味でちょっとやってみようという訳にはいきません。
なので、完成品として市場に出回るさをり織の服や帽子、小物などはそれなりにいいお値段がついています。


ところが、障害をお持ちの方の施設が販売しているさをり織りの作品は、
「え?こんなお値段でいいの?」
というくらい格安の販売価格がついていることが多いのです。

「製品化して付加価値を付けたうえでもこの値段にしかならいのなら、
いっそのことハンドメイドの素材として布を売ったら、織り手に入るお金ももっと増えるのではないか?
購入する人たちにも、手作りの楽しさを味わってもらえる機会になるのではないか?」

こう考えたのが、ショップ立ち上げの動機です。

私は中学校の家庭科の成績は、裁縫の時には決まって「2」でした。
ミシンを使えば、針を折る。
型紙サイズ通りに仕上がったことがない。
完成作品は、縫い直しの穴だらけのみっともなさ。
一生、裁縫とは無縁で生きていくのだろうと思っていました。

でも、この布たちの販売を考えるようになり、試作品をつくるようになってから
「モノ作りってなんておもしろいんだ!」
と思えるようになりました。
他者の評価を気にせず、時間に追われることもなく、自分のためだけにモノを作る時間は
純粋な楽しみだけに満ちた、愛しい時間でした。

ですから、コースタ814では

①さをり織の布を市価より安く提供することで、ハンドメイド素材としての流通路を作ること
②手作りの楽しさ、手芸の醍醐味を味わってもらうような仕組みづくり
③織り手の方の障害とは独立した「作品の美しさ」を正当に評価してもらえる機会つくり

をコンセプトに掲げております。

布の仕上がりは作品ごとにまちまちなので、
もしもあなたが、型紙どおりのきちんとしたものを作ろうとするとなかなか苦労するかもしれません。

当ショップのコンセプトをご理解の上、欲しいサイズより少し大きめの布を選んでいただけると
あなたの欲しい作品作りに役立てるかと思います。

あっ!すっごく大事なことを忘れていました。当店の商品はすべてご自宅で織られているのですが、仏間の隣で作業をされているとのことで、すべての布からお線香のほのかな香りが漂っています。私はとっても好きな匂いなのですが、苦手な方はご遠慮ください。